カテゴリー: 最近の仕事や、今の思い

タダで人は動かない(マネーに関わらず)

もともとは、”もっと身近にIT技術を”ということでWEBサイト構築をメインに20年間地元でゴソゴソと営業しているのですが時代の流れと需要と供給のバランスやらでもっぱら最近ではご近所さま相手のIT屋として営業しているハッピーファクトリーであります。(^^)

つい最近ニュースでPCデポが何やら「年配者相手の商売として高額契約を交わしてサポートしている」ということで話題になりましたね、PCデポは20年前にはMacintoshの取扱店としては淡路島から四国へ買いに行く一番近いショップだったので随分と通わせていただきました記憶があります

さて、田舎で、ご近所さん相手のIT屋をしていますとパソコンに関するほとんどがシニア層の方々の相談やら案件がほとんどなのです。
「SNSを教えて欲しい」「初期設定をして欲しい」「動かなくなった」「昨日まであったショートカットがない」「写真がどこかに消えた」etc・・・。
何かの記事を読みましたが最近の若者はパソコンを使わなくなり、パソコンを必要としている層がほとんどがシニア層だとか!?

まったくの通りです。

ちょうどその時代(1995年)にパソコンが普及してきた時の世代がが40代ぐらいでがむしゃらに使い方を覚えて使いこなせるようになった時代に時とともにOSのバージョンアップやソフトの勝手なバージョンアップ等でまた一から覚えてきた苦労をしてきた年代だと察します。

日本の一番人口が多い団塊の世代がシニア層で、パソコンが一番楽しめる家電的なモノになってるんでしょうね、だが家電のようにはいかず、めまぐるしく機能が変わったりするものですから、年齢的にも覚えるのも苦労するのでパソコンショップやパソコンスクールに頼ることになります。そして今回のような(いろんな意味で)シニア世代を対象にしたPCデポのような件が起こってしまうことになったのかと思います

old-pc-windows-95

私も、高齢のお客様で、幾度となくパソコンに変わった事があれば(インストールした際にただショートカットが勝手にデスクトップに出来ただけのような)相談されます。

でもその程度なら無料で対応させていただくのですが「お金を取っていただなければこれからも聞けないからお金を取ってくれ」と言われるのです。この人だけではありません、他の方でも言われることがあります。

私も時間を使ったのだから本来なら無料ではいけないのですが、ごく簡単な事とお得意様ということで無料にさせていただいているのですが。。。

パソコンブームが起こった1995年から少しの間はパソコンに詳しいというだけで頼られて親切に無料(タダ)で世話をする人が多かったですが、昨今ではほとんど見ませんね、多分人と関わってしんどい思いしたり、嫌な思いをした方が多かったのでしょう、当時は逆にお金にならないビジネスだと思って当方もやってませんでしたからね(苦笑

ずっと昔の事件で”豊田商事”という会社の事件がありました(詳しくはググってください)訪問販売人が高齢の住まいに行き色々と世話をして家族同様なことをしながら言葉巧みに高額な契約を交わさせていたのですが、中にはそれが楽しみでもあったという年寄りも居たと言うなんとも当時、核家族世代の始まりに出てきた事件です。その後もこの手の「メクラハンコ」を押させてお金を搾取するビジネスが多くできたのですが。。。。

E1444871648587_eab4_1

今後高齢化が進むと色んな形のビジネス形態でこのような事が起こりうるかもしれませんね、いやもう豊田商事以前からもあっただろうし今、放映している「後妻業の女」もまったく同じ。携帯電話契約も・・・。

本人がその金額で納得したならそれで良いし、納得せずだから問題になったそれだけ。だって世の中には正義ヅラをしてお金を搾取しているシステムが山ほどあるのですからね(^^;;;;

道具としてのパソコン

電源が入らないパソコンが持ち込まれました。

調べると10年少し前のウインドウズXPのパソコン

どうにかして動くように(起動)してほしいということで持ち込まれました。

すでにOSのサービスも切れていることや、新品を買ったほうが安くつく場合のあることやらをお話しさせていただきましたが、どうしも使い慣れたこのパソコンを使いたいというお客様の強い要望があり色々と提案させていただきました。

専門のところで修理もしてもらえるが、程度の良い中古品があればそれを買ったほうが一番に安くつくかもしれないことを伝えたところ、中古品を探すことになったのです。

中古専門店では、やはり足元を見た価格設定で中々手を出せずにいたところオークションにて極程度の良いのが出品されていたので購入することになりました。

届いた商品はとても程度よく使用に関しては全然問題なくをHDD差し替えただけで同じように起動することが確認取れたのでお客様にお渡ししました

私もパソコンに触れて30年近くなりますが、新しいのが出て(ソフトも含む)またその操作を覚えることより、同じものを使い続けたいと思うのは、どうも職人が使い続ける道具と同じだと思っています

使い慣れたのが一番でキーのタッチ感マウスのクリック感など。毎日使うものならではの道具だと思っています。

現在私のメインで使っているマックは数年経過していますがいつまで持ちこたえてくれるだろうと思いつつ使っている次第です

th_IMG_8176

これからの淡路島(過疎化が進みすぎた地域)

それは、ひょんなきっかけでした。
地元にあるスパ(温泉施設)で神戸から淡路島で農業をするのに移住している人から
「どこかに空いている農地がないかな」というので亡くなった母が趣味程度に家庭菜園をしていた農地を貸すことに。
私が高校生の頃までには田んぼとして使っていた土地です。

私の住んでいる淡路島では地域によりますが農業に関する携わりが違います。
南の方の地域では玉ねぎやレタスが盛ん。三毛作でとても忙しい地域です
私の住んでいる洲本市五色地域では稲作中心ですが最近では若者たちが六次産業化や、グループ営農とやらで
これまた新しい農業を試みたりしております。
なのですがもっと細かくすれば温度差があったりするのも事実です
私の住んでいる町内会の単位では、平均50戸数ある町内会なのに20数件。
男性の数が、50代1人、40代2人、30代1人といった限界集落となってます。
小さい集落の中でも戸数による差と維持していくことの難しさは、他の集落の人に理解してくれないのが事実です
すでに祭りに出すだんじりも10数年前から廃止。このことにより「祭礼団から外させていただく」と言っても「人がいる以上は参加してほしい」と言われ続けて何度も団長を繰り返しながら維持しています。もう限界にきているのですが。。。
今からは、このような集落がもっと増えてくるでしょう。
農業に関しても同じではないかな、下記のような問題を抱えていると思いいます。

・跡継ぎがいない

・それほど農地面積がない

・人に貸すのが嫌だ

・その他もろもろ・・・。

私の知り合いの70歳代の人ですが、すでに子供たちは淡路島から出ており帰ってくることはなく、わずかながらの農地を持っています
ですが、この方の考え方は人に貸して周りに迷惑になるのなら(コレニハイミガアルノデスガ)最終的に国に財産没収されるのが良いなぁ。といった考え方
いわゆる地元の古い人にはこの考え方の方々が多いのです。なのでてづかづの農地が多いのも事実。
このような方々は間違っているわけではありません。特に「水」に苦労してきた先代の方々「水」は「血」より濃いかったりするんです
私の地域でも「水」で争いごとがあったりしたのですからね・・・。
簡単の気持ちで、土地の苦労を知らない方に農地を貸したくないというのが根底にあるようなんですね
じゃ、私のような地元でなおかつ農業にも携わったことのあるのが懸け橋にでもなればと思い、まずは自分とこの空いている農地から貸し出すことにしてみました
「何かあったら、私に言ってね」ともしも近隣とのトラブルがあればそのように契約書にも記載しました。

色んな補助金事業や過疎化対策やイベントやらを私なりに見てきました。
30年前より何も変わっていないのも事実です。時代が変わっただけでやっていることは一緒。結局は補助金等がなくなれば立ち消えになったり。。。
どこかもどかしい温度差があったり歯がゆさがあったり。一部には就農としてマチから奴隷のように流れてくる希望を無くしたような人たち
またコミューン的なヒッピーライクな出で立ちで田舎暮らしに来る方達等、田舎に来る以上はその中に溶け込む事がまず大事で、地域行事等にも参加していただければ意思疎通が楽になったりするのですが。

田舎暮らしとか言ってはいるものの、実際のところは、家庭が持てて、子供ができればちゃんとした教育を受ける事ができて、必要最小限の生活が守らなければならないと思います。
明るい農村ではないけど未来ある淡路島には農業というキーワードが必要不可欠だと感じています。

th_IMG_8137 th_IMG_8139

Windows10あれこれ

パソコンのメンテナンス作業を行っていますといろんな案件が飛び込んできます。

ハードディスクいっぱいになった〇〇動画をどうすればいいかとか、マルウェアにかかってしまって

広告が表示されるとか・・・。

で、最近多いのは勝手にWindows10になってしまったという案件。(勝手ではないけど、ある意味勝手)

10になってそれはそれで無事に使えるのならいいのですが、仕事で特殊なアプリを使っているとかとなるとそれは大変です。

またして元に戻せなくなったパターンだと(回復機能が使えない)どうしようもない

ということで今回は2パターンの回復できなかったケースです

其の一

「いつのまにやらWindows10に上がってしまって元に戻したい」とDELLの660が入ってきました。

10に上がったのはつい最近なので回復機能で何とかなると思いきや・・・・。DELLで同じパターンが過去にあったので少し嫌な予感が。

回復機能で元に戻すし立ち上がると 0cx000000f という何とも背筋が凍るエラーが出ました

はい、コマンドも何もかも試しましたが立ち上がりません。過去と同じパターンです(泣)

OSノ新規インストールしかありません。お客様は「ブックマークと写真だけの復旧」ということで

Linuxの起動ディスクで立ち上げてバックアップを取ってOSの新規インストールで無事にお返しできました。

th_IMG_0012

其の二

「Windows10にあえて上げて作業をしていたらブルースクリーンが出て立ち上がらなくなった」という案件です。

th_IMG_7898

今回は、10のままで良いのでデータさえ復旧できれば良いのでまたまたLinuxの起動ディスクで・・・。

と、そんな事で立ち上がりません。なにせウルトラブックで薄さと機能の省いたものなのでCDドライブなんてのも付いてません。おまけにBIOSを見てもUSBフラッシュメモリーbootすらありません(大泣

あれやこれや試しても外付けBOOTに制限がありすぎて、たまーにWindows10のメディアから起動するかLinuxから起動するか・・・。どうやら外付けドライブの認証をしたりしなかったりの連続なのです。

で、ようやくLinuxで立ち上がったのでHDDにアクセスするも「権限がない」という英語のエラーでHDDにアクセスできない(> <)

もうこうなりゃハードディスクをぶっこぬく!!と調べれば、これまた特赦なSSDとではないですか。。

もうお客様には「残念ですけど他社を紹介するか、諦めていただくか」と説明しようと思っていました。

そんなこんなでグーグル先生にいろんな方向から質問してみるとこんな回答がありました

th_IMG_7900 th_IMG_7901

グーグル先生の回答

ということでこの案件も無事に解決いたしました

という事でWindows10のお話でした

今年も行ってきました「せんいのまち児島フェスティバル2016」

昨年初めて行ってきて大変楽しかったもので今年も行ってきましたせんいのまち児島フェスティバル。
去年の経験から時間配分とか買い物の傾向とかの作戦を事前に立てておきました(^^;;;;

お気に入りのメーカーが今年も出ていたのでとりあえずはサイズが合うものを、あれやこれや沢山買わせていただきました

昨年同様の感想ですが、このような地域特産を扱って尚且つ年代層も幅広く行き届いたスタッフの方々の賄い等大変勉強になったしだいです

(写真の時系列が逆になってます)

 

IMG_7814 IMG_7813 IMG_7807 IMG_7806 IMG_7804 IMG_7803 IMG_7802 IMG_7801

 

VAIO Z (VPCZ23Aj)というノートパソコン

特色のあるパソコンで知られるSONYのVAIO。ネットで当方を探してこられたお客様。
症状は、立ち上げると落ちるという事でどうやら熱暴走と判断。そしてデータ吸い出しという事でお受けする事になりました。。。
th_IMG_7357

最初は埃のせいかとダスターではらってから起動させてデータバックアップ20分持ってくれたのですがあえなくシャットダウン。
簡単な気持ちで分解してSSDを取り出す事に小一時間。。。この筐体はアクセスを拒むような造りとなっており、まるで知恵の輪状態。
この段階でよく壊さずに分解した事か。。あとでその結果が出るのですが。。。
th_IMG_7358

取り出してみると見慣れないSSDに見慣れないフィルムコード。ネットで検索するとZIFっていう規格で変換アダプターもある。まさか特注品とは知らずにAmazonで購入。翌日届くので翌日に作業でその日は終わり。
th_IMG_7360
さて、翌日Amazonから届いた変換アダプターを付けようとすると、何と!?フィルムコードの幅が違うのです????
同業者に電話で尋ねると

「VAIOZね。。。あれは取り扱わないのよ、特殊でどうしようもないよ、専門に尋ねたとしても数百万とられるらしいよ」との事で、これはどうにもならんと判明。
そうなんです。このノートパソコンはほとんどが独特の仕様でしてメモリーは直付でSSDもサムスンからの特注品なんだそうです

お客様に電話で「まだ問い合わせをしていますが現状では作業が難しい」と伝えます
だけど、熱暴走なのだから排気と熱対策をすれば少しでも長く起動してくれてバックアップが取れるなんじゃ無いかと、もういちどバラしたのを組み立て直し。
ほとんどむしり取ったような基盤を組む事に。。果たしてこれで起動してくれるのだろうか?
電源を入れたらモニターにウインドウズのロゴが出て無事に起動。ファンもうるさく回っているので、何とか早くバックアップをと思いキーボードを押すのもパッドも反応せず!その間にダウンしないかとヒヤヒヤしながら外付けキーボードとマウスを取り付けて外付けHDDニバックアップ。
th_IMG_7361
3分・・。10分・・。ん?・・・。30分。何とか持ちこたえてくれてます(^^;;;;;
50分弱。何とかすべてのデータをバックアップする事に成功となりました
ヤハリ最後まで諦めたらダメですね。
こうして何とも厄介というか、精巧にできたVAIO Zのバックアップができました。
th_IMG_7364

Apple Pro Speakers

昔使っていたフラットパネルiMacをそろそろ捨てようと片付けしていてどうもスピーカーが可愛くて再利用できないかと検討していました
ていうか、このスピーカーの名前ってApple Pro Speakersっていうんだと初めて知りました(笑

参考にしたのはこのサイト。ありがとう勉強になりました(_ _)
ということで作業内容の写真です

th_IMG_7279 th_IMG_7280 th_IMG_7281 th_IMG_7282 th_IMG_7283

少し音が小さい気がしますがデザインが良いので良しとしておきます

MacBook ProからMacBookAirへ買い替えのお客様

長年お付き合いしていただいているお客様のMacBook Proが不調でこの度MacBookAirへ買い替えをされました。
私もずっとMacを使っており、まったく同じ機種の買い替えでした(私は一年少し前に買い替え)

3年前のMacBook Proを持ってみて「ぇっ?こんなに分厚くて重かったっけ?」とMacBookAirに慣れてしまっていたらすごい昔の機種に感じました
当然SSDなので起動も早い。何よりデータ移管がTime Machineというアプリケーションのおかげですこぶる簡単。

購入から設定まで少しの時間と簡単操作で元の環境へ。Windows10もすこぶる良いOSなのでこの辺りもWindows機には標準で付けていただきたいものですね

MacBookAir今朝お客様の元に届いて、使っていただいております

IMG_7068 IMG_7069 IMG_7070

Mac ProHDD入れ替え

だいたい2年毎にHDDを入れ替えしております。イザと言う時のバックアップも兼ねて今回は3TBに致しました。
安くなった物ですねHDDも(^^;;;;;

それにしてもMac Proは4基も入るのでホント便利です。起動にはSSDを使ってメインに2TB。仕事用のOSには2TB(OSは10.6)。最新のOS用に640GB(OSは、10,9)。それに今回バックアップ用の3TBです。

何だかあまり調子も良く無いMac Proですが後三年ぐらいは機嫌良くお願いしますね

th_IMG_6737 th_IMG_6738 th_IMG_6739 th_IMG_6740